新築祝いのお役立ち情報

新築祝いの文章

住まいの新築は、多くの人が「一生に一度」の大きな買い物であり、人生の一大イベントです。

形式的な言葉を並べるよりも、新居を構えるまでの努力を称賛し、
一緒になって達成の喜びを表現することをおすすめします!

「うらやましい限りです」「私も早くあなたのようになりたいです」といった
素直な羨望や尊敬をあらわす内容も、お祝いの気持ちを強く表せます。

また、相手のご家族に対してもメッセージがあると、上辺だけのメッセージになりにくいです。
たとえば、「奥様もさぞお喜びのことでしょう」
「緑に囲まれた環境で、お子様もますます伸びやかに成長されることと存じます」
「ご家族と楽しんでいる姿が目に浮かびます」といった言葉があると気遣いが感じられます。

mark_syuku.png

新居のお披露目や食事会に招かれた際は、招待のお礼も兼ねて新築祝いのメッセージを送ることもありますが、
嫉妬や嫌味のような表現、「忌み言葉」には注意しましょう。
___________________________________________

■同僚への新築祝い文例

 拝啓
  待望のマイホームを新築された由、おめでとうございます。
 緑豊かで閑静な地であるとお聞きしました。
 お子様の養育にも理想的な環境ですね。うらやましい限りです。
  奥様やお子様もさぞお喜びのことでしょう。
 こだわっておられた間取りや内装など、ぜひ拝見させて頂きたいと思います。
  ささやかではありますが、お祝いの品をお送りいたします。
 ○○という気持ちでこの品を選びました。お納めいただければ幸いです。
  末筆ながら、ご家族皆様のますますのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
 敬具
____________________________________________

文章の形は様々ですが、日頃の感謝とお祝いの気持ちを表すことさえできれば、あまり堅くなりすぎなくても良いでしょう。
相手との親交の深さや間柄にもよりますが、想いのまま書くことで、きっと相手は喜んでくれます。

次の項では、メッセージを書く際にこれだけは気を付けたい「忌み言葉」についてお話しします。