新築祝いのお役立ち情報 新築祝いのマナー

新築祝いとは

家の新築とは、家族にとって人生の一大イベントです。
myhome_man.png
特に家主にとっては、人生で最も大きな買い物と呼ばれる「家」を新しく手に入れたことに対し、
大きな充実感と喜びがあることでしょう。

新築祝いは、そんなご家族に対し、「おめでとう!」と「新生活を応援しています」という気持ちを込めたお祝いです。

新築祝いの時期

新築祝いを贈る時期は、新居が完成してから2-3週間以内に贈るのが理想とされています。
新居のお披露目に招待されている場合には、当日までに贈るか、当日持参します。

新築祝いを渡す機会

新居のお披露目に複数人で招かれている場合は、新築祝いを当日持参すると、
持ってこなかった人がいた場合や、持ってきた人との金額差などで、他の人に気を使わせてしまうことがあります。
その場合、最も気を使うのは招いてくれた家主です。

せっかくのお祝いで家主を困らせないためにも、できれば、招かれている人同士で新築祝いについて相談しておくか、
先にお贈りする、もしくは後でお贈りする、当日こっそりお贈りする等の気遣いができるとスマートです。

当日に新築祝いを持参しない場合は、お花やお菓子など、ちょっとした手みやげを持って行くのが良いでしょう。

present_girls.png

新居にお招き頂いたら

新居のお披露目に招かれたら、できるかぎり都合をつけて伺うようにしましょう。
お披露目の当日は、家主の案内にしたがって部屋を見せてもらうのが礼儀です。

親しい間柄でも、案内されない場所を勝手に見て回るのは、当然マナー違反にあたるので慎みましょう。
新居の良いところを見つけたら、素直に誉めるのもお祝いの一つです。

「我が家だったらこうするな」、「もっとこうしたら良かった」などと批評することはもってのほかで、
建築費用や吉凶の方角についても話題に出さないようにしましょう。

house_2f.png

新築祝いのプレゼント

新築祝いのプレゼントには、インテリア用品や生活雑貨、お花、「根付く」といわれ縁起の良い観葉植物、
キッチン用品、食器などが昔から好まれています。

■インテリア
カサ立てや花瓶、時計などは定番の贈りものです。
インテリアや雑貨は、その家との調和や相手のセンスを考えて選びましょう。

★小さなお子様がいるご家族におすすめのプレゼント!
・新居の柱を傷つけずに、お子様の成長記録を残せます。
・お部屋に合わせた色味をお選びいただけます。
・天然の木に、自然素材100%の植物オイル塗装で安心・安全。


■生活雑貨
新居での「くつろぎ」や「癒し」をキーワードに、ルームフレグランスやアロマディフューザーが近年若い方に人気です。
また、タオルやスリッパなど、日常的に使う消耗品も喜ばれます。
雑貨にも相手の好みがあるので、シンプルなものを選ぶか、好みを把握したうえでプレゼントしましょう。

■お花、観葉植物
観葉植物など、土に根を張るものは「その場に根付くように」というゲン担ぎから、
新築祝いに相応しい贈り物とされています。
ただ、生きている植物はお手入れが苦手な人もいますので、相手の性格も考慮しましょう。


■キッチン用品
実用的なキッチン用品は、昔から新築祝いの定番です。
最近では使いやすいだけでなく、デザインもおしゃれなキッチン用品が増えていますね。
同じようなものを相手が持っていないか、確認してから贈るとスマートです。


■食器
「物がたくさん入る」という意味で、食器などの「入れ物」は縁起が良いとされています。
普段使いできるいいうつわや、来客用に使える食器セットなどが喜ばれます。

   urusi1.png1500年の伝統をもつ「越前漆器」の汁椀・飯椀セット


新築祝いに最適な贈り物についてご説明しましたが、
最も大事なことは、相手のことをよく考えてプレゼントを選ぶことです。
相手の好みや欲しいものを聞いたり、想像したりすることで、本当に喜ばれるギフト選びができるのではないでしょうか。

また、良い品物を選ぶだけでなく、自分でラッピングにこだわったり、手書きのメッセージカードを添えると、
より一層気持ちが伝わります。