新築祝いのお役立ち情報

のし、水引の意味

■「のし」とは

"のし"の由来は、昔は薄く伸ばしたアワビ(=のしアワビ)を縁起物として贈り物に添えていたことからきています。
後に、のしアワビの代わりに昆布や紙が使われるようになりました。
現在では、「印刷のし」や「折りのし(色紙を細長い六角形に折りたたんだもの)」を付けたのし紙やご祝儀袋が一般的となっています。

noshi.png←これが「のし」です。昔は伸ばしたアワビそのものを添えていました。

贈答品にのし紙をかけることは昔から引き継がれている正式なマナーですが、
気の置けない相手の場合はリボンでラッピングでも問題ありません。
ただし、のし紙をかけたらリボンはNGです。
新築祝いを贈る相手によってどちらにするか選びましょう(^^)

また、「のし」の由来が縁起物の「のしアワビ」であることから、のしはお祝いの場面でのみ使うようにします。
弔事の贈りものにのしをつけてはいけません。
_____________________________________________

■「水引」とは

"水引(みずひき)"は、祝儀や不祝儀の際に用いられる飾り紐のことです。
形や色によって意味が異なるので、場面に応じて使い分けを行います。

sintikuiwai-mizukiri.png

・蝶結び・・・新築祝いや出産祝いなどの一般祝事、お中元やお歳暮などに用いられます。
        「簡単に結び直せる」蝶結びの水引には、何度でも繰り返したいという願いが込められています。

・結び切り(5本・7本)・・・お見舞いや全快・快気祝いなどに用いられます。
                重ねて起きてほしくないとの思いを込めて、「結び切り」とします。
                お見舞いの場合、"病気を延ばす"と受け取る人もいるため、のしをつけない場合もあります。

・結び切り(10本)・・・固く結ばれて離れないことから、主に婚礼関係の祝事に使用します。
              水引の数が奇数ではなく偶数の10本なのは、"夫婦は二人で一つ"という意味で
              5本を二つに合わせたものを一組とするためです。       

・赤棒・・・粗品など、簡単な贈答品に使用します。

・仏のし 仏・藍銀水引・・・二度と繰り返したくないお悔やみに対しては、水引は結び切りで一般的に黒白を使用します。
                 おめでたい場面で使う「のし」は、もちろんつけません。